会社紹介

ノボ ノルディスクは、1923年創立のデンマークを本拠とする世界有数のヘルスケア企業です。

私たちのパーパスは、変革を推進し、糖尿病および肥満症、血液系希少疾患、内分泌系希少疾患などのその他の深刻な慢性疾患を克服することです。その目的達成に向け、科学的革新を見出し、医薬品へのアクセスを拡大するとともに、病気の予防ならびに最終的には根治を目指して取り組んでいます。

世界80カ国に約4万3,100人の社員を擁し、製品は約170カ国で販売されています。

成長障害に対する取り組み

ノボ ノルディスクは、成長ホルモン療法のパイオニアで、治療を必要とする患者さんの生活改善にイノベーションで貢献してきました。カートリッジに充填した溶解型の成長ホルモン製剤を世界で初めて開発し、当社の成長ホルモン製剤は世界で最も多く使われています。子どもの低身長症の早期発見、早期治療開始の促進を目的とした啓発活動も行い、小児科医師に対して、成長障害を起こしうる疾患に関する情報提供、早期の診断・治療の重要性について訴求しています。子どもの低身長症の早期発見と受診の促進を目的に、「わが子の身長 はかろう! つけよう!」キャンペーンを2011年から実施しています。2017年からは、お子さんの身長と体重を簡単に入力し、成長曲線に記録ができるスマートフォン向けアプリ「すくすく成長曲線」を無料で提供しています。

環境への影響をゼロに

環境への影響をゼロにすることを目標として、循環型経済の実現を目指しています。全世界の生産活動における使用電力が100%再生可能エネルギーによるものを目指しています。また、2030年までに全世界の事業活動および輸送におけるCO2排出ゼロの実現も目指しています。国内では、郡山工場が日本のグリーン電力証書システムへ参加し、2016年に電力の再生可能エネルギー化100%を達成しています※1。2017年には、すべての利用エネルギーをCO2を排出しないエネルギーに転換すべくグリーン熱証書の購入契約を締結し、2018年から郡山工場におけるCO2排出量ゼロが実現しています。

ノボ ノルディスクには、1923年以来の長い歴史があり、タンパク質をベースとした研究開発は世界最高水準です。創業以来、優れた効果、高い安全性、そして患者さんにとっての使いやすさを追求し、数々のイノベーションを達成してきました。蓄積された知識と技術は、糖尿病領域だけでなく、成長ホルモンおよび血友病領域においても生かされております。ノボ ノルディスクが目指すのは、糖尿病を克服すること、成長ホルモン療法および血友病の治療を進歩させることです。これらの目標を実現するよう努力することで、人々の健康と社会に貢献できる企業でありたいと考えています。

私たちは慢性疾患の患者さんが病気によって制限を受けずに豊かな生活ができるような未来の創造に向けて努めてまいります。

※1.社内資料:NovoNordisk,2016,2017

JP20NP00011

上部へ戻る
上部へ戻る