詳しい検査の日、検査の内容

詳しい検査は、主として「成長ホルモンが十分に出ているかどうかを推定するため」の検査です。成長ホルモン分泌刺激試験(負荷試験)といいます。成長ホル モンは主に夜間に分泌されるため、日中に成長ホルモン濃度を調べてもあまり意味がありません。そこで、成長ホルモンの分泌をうながす薬剤を投与しその反応 をみることで、成長ホルモンの分泌能力を推定しようというものです。
検査の日は朝おきてから水以外は何ものまず、何もたべずに空腹のままで、15~30分おきに2時間にわたって数回採血します。採血用の針は最初に1回さし たままにしておきますから採血のたびに何度も針を刺すことはありません。この採血の前には、成長ホルモンの分泌をうながす薬剤をのんだり、注射をしたり、 点滴をしたりします。負荷試験によって促される成長ホルモンの分泌パターンは子どもによってさまざまなので、15~30分おきに採血します。子どもの体質 によっては検査の薬に反応しないこともあるので、最低2種類以上の薬剤で検査します。2回の検査で、2回とも分泌低下の結果がでれば成長ホルモンの分泌が 不足している可能性が高いと判断できます。

しかし2回とも分泌正常という結果がでても、成長ホルモンの分泌低下が絶 対にないとはいえません。それは薬剤による検査は、非生理的な刺激で、それによって成長ホルモンが分泌されていても、日常生活の生理的な状態(睡眠中な ど)では分泌されていない場合もあるからです。そこで、朝おきて最初にでる尿の中の成長ホルモンを数日分測ったり、夜の睡眠中の成長ホルモンの分泌状態を しらべる検査をおこなうこともあります。さらに、成長ホルモン分泌不全の場合、他の脳下垂体ホルモン(副腎皮質刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン、甲状腺刺 激ホルモンの分泌)にも異常がある可能性がありますので、それらもあわせて検査します。
負荷試験は同じ日に2種類以上実施できませんので、負荷試験のために入院する場合があります。病院によっては設備の関係や親御さんの希望によって、外来ですべての検査を行う場合もあります。
 

検査(負荷試験)の種類

アルギニン負荷、クロニジン負荷、グルカゴン負荷、インスリン負荷、L-dopa負荷、GHRP-2負荷などから数種類の検査を選んで行います。検査によって、それぞれ注意点が異なりますので先生の説明をよく聞きましょう。
 

検査結果が出たあと

負荷試験の結果が出るまでには1~2週間程度かかります。検査の結果、成長ホルモン分泌不全性低身長症との診断が確定すれば、成長ホルモン治療についての十分な説明を親御さんとお子さんにした上で、医療費関係の諸制度の手続きを始めます。
一方、成長ホルモン分泌不全性低身長症と診断できない場合(最低でも健康保険の診断基準をクリアできない場合)は、問診や検査値の程度によって、半年から 1年に1度くらいのペースで受診し、先生に経過を見てもらうほうがいいでしょう。特に成長率が落ちてきたり、思春期が早くきたりした場合などは、もういち ど詳しい検査をする必要がでてくるかもしれませんので先生とよく相談してください。


JP/NT/0618/0188