ノルディトロピン® フレックスプロ®

各部の名称

写真は10mgです。

ノルディトロピン® フレックスプロ®
ノルディトロピン® フレックスプロ®注は専用注射針(A型専用注射針、使用例としてペンニードル®)との組み合わせで使用する成長ホルモン製剤です。

① 注射の準備

1)
ペンキャップをはずします。

2) 
注射針を本体の先にまっすぐ奥まで刺し、時計方向に止まるまで回します。

3)   針ケース(A) 針キャップ(B)をはずします。
  針ケース(A)は廃棄の時に必要なので捨てません。

② 空打ち / 投与量の設定

1) 
ダイアルを1クリック回します。

2) 
注入ボタンを押して液が出ることを確認してください。

3) 
ダイアルを回して、投与量に合わせます。

 

投与量の設定を間違えたら
投与量を多く設定してしまった場合は、ダイアルを逆回しするだけで、投与量の修正ができます。投与量の設定と逆に回す時の音が異なり識別できます。

③ 注射の仕方

1) 
アルコール綿で消毒した部位に垂直に根元まで針を刺してください。

2) 
主治医に指示された方法で皮膚に針を刺し、注射を行ってください。4mm針は、原則、成人・小児において、皮膚をつまむことなく、皮膚の面に対して90度に穿刺することが可能です。ただし、年齢や体格により、手技が異なる場合があるため、主治医の指示に従ってください。


注射時の注意
注入ボタンをダイアル表示が「0」に戻るまで、真上から押し込んでください。 ダイアル表示が「0」になったことを確認したら、注射針を刺したまま6秒以上おいてから注射針を抜いてください。

3) 
針ケース(A)をつけて、反時計方向に回してはずします。 
 

保管と破棄
使用後は本剤のキャップをつけ、遮光し、速やかに冷蔵庫に入れ、凍結を避け保管してください。

使用開始後に、やむを得ず冷蔵庫の外で保管する場合は、使用開始後の保管期間(35日)を超えない範囲で、以下の期間内に使用してください。なお、一度冷蔵庫の外で保管した場合は、再び冷蔵庫に戻さないでください。

<ノルディトロピン® フレックスプロ®注 5mg及び10mg>
・25℃以下の場合、冷蔵庫の外で保管を始めた日から21日以内
・30℃以下の場合、冷蔵庫の外で保管を始めた日から14日以内
<ノルディトロピン® フレックスプロ®注 15mg>
・25℃以下で、冷蔵庫の外で保管を始めた日から21日以内

使用済みの注射針は取扱いに十分注意し、主治医の指示に従って危険のないように捨ててください。

④ 注射する場所

1) 
おしり
 

 

方法
うつ伏せにした状態で注射します。
本人では注射できないので家族が注射します。

 

注射をしてもよい場所
おしりの上側で、両側のおしりの頂点をとおる垂線の外側と少し内側の範囲

2) 
ふともも
 

 

方法
椅子にすわった状態で注射します。

 

注射をしてもよい場所
椅子にすわった時、ふとももの上、中央1/3の範囲

3) 
うで
 

 

方法
うでを楽におろした状態で注射します。

 

注射をしてもよい場所
肩の付け根の約3cm下からひじまでの上側1/2の範囲

4) 
おなか
 

 

方法
椅子にすわった状態でも注射できます。

 

注射をしてもよい場所
おなかの前面より左右どちらかの外側の範囲

毎日注射部位をかえましょう。かえる時は、約1~3cmの間隔をあけるようにします。

ご使用になる前に、ノルディトロピン® フレックスプロ®注/フレックスプロ® ペンメイト®に添付の使用説明書を必ずお読みください。本ページは基本操作をお示ししておりますので、使用説明書とあわせてお読みください。

 

使用説明書ダウンロード 
このファイルのご利用には、ADOBE READERが必要です。              

 

JP20NP00011

上部へ戻る
上部へ戻る