低身長でお悩みの方のためのウェブサイトです


現代の子供は運動不足


適度に体を動かすことは成長期には欠かせない大切な要素です。子供の運動量は大人に比べればはるかに多いものですが、最近では外で遊ぶ機会が少なくなってきています。適度な運動を取ることによって、成長ホルモンの分泌が促進され、血行が良くなり、からだに栄養が運ばれやすくなるという利点もあります。さらに、適度な運動は食欲を増進し、睡眠を取る際に大切な「熟睡」をもたらしてくれます。最近では、近所で安心して子供に遊ばせる場所もだんだんと少なくなってきました。事故や事件からお子さんを守ろうとすれば、仕方のない面もあるかもしれません。また、少子化で近所に一緒に遊ぶ子供がいなくなってきたということも起こっているようです。そうやって戸外で遊ぶ機会がなかなか少ない場合は休日に家族で散歩をしたりするのが良いでしょう。大人にとっても良い運動になります。愛情たっぷりの生活が心身のすこやかな成長のカギといえるかもしれません。しかし、子供を甘やかし、干渉しすぎるのも子供の精神的な成長を阻害し、自立を損なうので注意が必要です。お子さんとの適切な距離を保って成長を見守れるように心がけてください。
 

JP/NT/0917/0201